会社案内|Company

極上の金型を極めるべく、
あくなきチャレンジを続ける

2018年8月より、3代目代表取締役となりました。
当社は1947年(昭和22年)の創業から長きに渡り様々な時代の変化の中、金型製作に携わって参りました。
その中で、お客様にとってなくてはならない存在であり続けるよう確かな技術と変化を恐れない姿勢を貫き、 素晴らしいお客様、ビジネスパートナー、そして従業員に恵まれ、これまで成長してくることができました。

「お客様目線での新しい技術への挑戦」と「お困りの時こそお役に立てる対応」をモットーに、社員一同、喜ばれる金型づくりに真摯に向き合って参りますので、これからも株式会社稲垣金型製作所にご期待ください。

代表取締役社長  稲垣 武洋

代表取締役社長 稲垣武洋

社是

誠実 確実 充実

人には誠実に、仕事は確実に、会社を通して充実した人生を送ってもらいたいという願いが込められています。

経営理念

「お客様に喜ばれる金型作りで、日本のものづくりの一翼を担う」

「社員ひとりひとりの努力・知力が報われる組織を築く」

会社概要

社名
株式会社稲垣金型製作所
Inagaki Plastic Mold Co.,Ltd.
代表者
代表取締役社長 稲垣 武洋
創立
1947年(昭和22年)4月
資本金
1,150万円
従業員数
18名(2019年7月現在)
取引銀行
静岡銀行池田支店、しずおか焼津信用金庫小黒支店
所在地
〒422-8027 静岡県静岡市駿河区豊田3丁目6番33号
TEL
054-281-3605
FAX
054-281-3606

会社沿革

1947(昭和22)年4月
故・稲垣正雄が静岡市沓谷で稲垣鉄工所を設立
1963(昭和38)年2月
株式会社 稲垣金型製作所に組織変更し、現在の場所に移る
1973(昭和48)年6月
鉄筋2階建て工場の落成
1986(昭和61)年4月
CADシステムの導入。金型図面のCAD化
1992(平成4)年6月
3次元CADCAMの導入。設計室のLAN構築
1996(平成8)年2月
稲垣正雄が会長に就任し、稲垣義雄が社長に就任
2000(平成12)年9月
事務所及び工場の増改築により東棟の落成
試作成形機100トン・365トンの設置
2001(平成13)年3月
韓国ソウル近郊の金型メーカーと取引開始、その後釜山のメーカーと取引開始
金型または部品を製作し、日本へ輸入できる体制を構築
2002(平成14)年5月
フィリピンのセブに設計会社Inagaki Mold Designを設立
2006(平成18)年6月
稲垣武洋がカナダのM2M Internationalで2年間業務する
2006(平成18)年9月
中国東莞近郊の金型メーカーと取引開始
中国で金型を製造し、中国内の日系メーカーへ納入する体制を構築
2011(平成23)年4月
インドのデリー近郊ノイダにInagaki Mold Engineering India Pvt.Ltd.を設立
インドの発展と日系企業の進出にあわせ、金型のサポート体制を構築
2014(平成26)年3月
Inagaki Mold Engineering India Pvt.Ltd.閉鎖
2018(平成30)年8月
稲垣義雄が会長に就任し、稲垣武洋が社長に就任
2019(令和元)年4月
INTERMOLD金型展に初出展
ページトップに戻る